年内に10万円一括給付もあるの?方針がブレている?

本日のニュース速報としては年内に現金10万円の一括給付も選択肢ということで話が出ていました。

クーポンになったり、現金一括をOKとしたりということで話が二転三転している感はあります。

この10万円、本当に今更もらって嬉しいのでしょうか?見た目の金額があるからそのように思えるだけで結局税金ですし、ここまで迷走していてどうなのかなとは思うところです。

この件についての反応を見てみます。

・私の10代の頃(というか恐らくいまの20代~の方全て)どんな状況だろうとそんな現金を国から頂いたことはないですが。
クーポン印刷代やらなんやらでとんでもない額がかかるなら、やはり現金10万一括でいいと思う。
国は借金だらけなので、もう無駄なお金使わないでください。。

・二転三転。なんじゃこの政権。高市政調会長が質問して現金一括給付で行こうと答弁すればよいのだ。選択肢の一つとか「もやっ」と言ってもそんな選択をする自治体はいない。これくらいの問題でお手当のたかい国会議員がぐだぐだやるなんてもう日本もお仕舞いだ。防衛や企業の設備投資促進、子育て充実、女性天皇女系天皇など大事な課題を議論せよ!!

・まだ決まってなかったん?
ちゃっちゃ現金でくばりゃいいのに、無駄な時間を使って何がしたいのか
クーポンでやると970億程プラスでかかるって言われてるが、国会の時間も考えると1000億は無駄だよね

・10万給付にどんだけ時間かけてんの?
コロナ禍なって国民に1回の10万給付とマスク配っただけでそれ以降の直接的支援ないのに18歳以下に配るだけでもグダグダグダグダ・・・
消費税下げて(あわよくば0)にしてくれるのが私的には嬉しいけどね

・情けない。今頃。
お友達が1番、国民2番。
その国民がどんどん減ったら、お友達の会社で働く人がどんどん減りますよ。そんな事も分からないで…

・一回で現金給付が使いやすいし、事務費や作業労働的もいいと思う。けれど、国際発行22兆円と聞くと、子ども達に借金を背負わすことになるから、やっぱり給付金はなるべく貯蓄にまわしたほうがいいかな、とも思う。で、貯蓄は将来的に子が課せられる税金を支払う際に使われる…。現在の経済を廻すためではなく、現在未来の税金の循環のような…。

・最初から子供達への一括給付金で進めれば良かったんです。それをいちいち不平等だとか発狂して騒ぐ人達を相手にするから、段々と骨抜きになっていくんです。メディアなんて支持してる人達の意見なんか、ほとんど報道しないで反対者や反対意見しか報道しないんだから構わないで政府は堂々と進めれば良いんですよ。ちなみに自分は給付金対象ではありませんが、そもそもこの子供達への給付金、頂ける人達はあえて支持するコメントなんてする訳ないし、発狂してる人達の相手をする気なんてありませんって…なので反対者意見しかコメントで出てこないのは当然であり、それが全ての民意でも何でもないですからね、ただの不満の吐け口となってるだけです。岸田さん…頑張って下さい!

・18歳未満に現金10万配ってまともに使う未成年っているんだろうか?
コロナで仕事を失った人や売上が落ちた人達はまだまだ沢山いるのに未成年だけに配っても効果がないと思います…

・ばらまき感が否めないことと対象外である僻みから、やはり納得出来ないです。優遇し過ぎでは?現物支給で給食費を一定期間無償化するとかならいいけれど。事故などで親を亡くした子供の育英基金でもいいし。選挙で投票しなくたって子供の数×10万円貰えるってホント疑問しかないです。

・クーポンに振り回される首相なんか見たくないよ
岸田首相を首相から降ろしたい人が指示してクーポン岸田にしようとしてるんじゃないかと思ってしまうくらい
ていうかこんなくだらない会議するのに税金使わんでくださいよ

・自民党は何年も与党の座にいるのだからその実態はいやというほど見てきたはずだ。先の総選挙でも安易にまたも与党の座にしたことへの反省のコメントが少い事が選挙民の愚かしさを表している。少しは自分の身の降りを反省したら。

・それより働き世代に給付してほしい
18以下の子供なんか大抵親がいるから困ってないでしょ親が得するだけ
散々得してきたんだからもういいだろ子持ちの親は
本当に貧困層の家庭には別でちゃんと給付してあげればいい

・年内年内言っているけれど
もう12月も半ばだよ。
これからそれを国で決めて
各市町村に落とし込んでと。
今になって10万円とか、
年内5万円すら怪しくない?
何だかんだ言い訳して
来年に持ち越しじゃないの?
何でも後手後手で…遅いよ

このようなコメントが出ていました。
なかなか迷走感がありますし、もうこういう金額の確約というのはやめた方がいいのかなとも思ってしまいます。

タイトルとURLをコピーしました